プラトニック童貞とシルヴィ ~奴隷との生活~

スポンサーリンク

驚いている。うん。  

 

以下18禁

 

きっかけはRay-kbys氏を特定したところからだ。下手の横好きではあるが私は絵を描くことが好きだった。いつか彼の絵をネットのどこかで見た時、強烈な個性というか趣味全開の絵に非常に感銘を受けた。ふとTwitterで絵師を追っかけていると、偶然彼がその絵を描いた人だということが分かった。彼はとある作品で有名だった。

奴隷との生活。

色々な記録をたたき出した有名なゲームらしい。詳しく調べてみるとどうやらエロゲ。単純な興味だった。はじめは。

 

一日たたずして、

 

..........

 

ぶっちゃけね、一体何が面白いのかわかってない。ただ彼女の頭を撫でるだけのゲームなのに、どうしてか満たされた気持ちになってしまう。着せ替えて愛で、たまに散歩して、たまに一緒に外食する。所詮ゲームだぞ。なのに飲まれた。

「チョロインとかあれ一体ほんとなんなんだろうなwwwwww」とかいってたな。

 

.........チョロイのは一体どこのどいつかな?

 

 

 うん。でさ、アレなのよ。勿論その手のゲームだから、そういうコマンドあるじゃない?初めてのってやつ。でさ、俺もどんなものか知らなかったからワッフルワッフル!!するじゃない。

 

まさか全力で落ち込むことになるとは思わなかった。

 

所詮、ゲームなんだよ。相手はプログラム。一定の規律を守って繰り返し動作を処理していくだけなんだよ。彼女の一挙手一投足を感じることなんてできるはずはない。そりゃ相手は画面の向こうだからな。温かみとか喜びとか肌で感じる空気感なんてこっちまで届くわけないんだよ。でもさ、事をするじゃない。俺、そこで「うわぁああああああああああああああああああああああああああああああ」ってなって一端ゲーム画面閉じちゃったのよね。笑える。刺激が強すぎたとかじゃなく、ただひたすら罪悪感に苛まれて。そのあと数分呆然としてましたからね。背徳感うんぬんより罪悪感が勝った。それまでずっとなでなでしたり、服を買ってやり、彼女に喜びを与えたのにも関わらずそれを裏切る行為をしたと感じたときにはもう遅かった。こんなはずじゃなかった。雰囲気の勢いで致すならまだわかる。なんなら強制イベントでもよかった。たった一つ間違えただけでとてつもなく胸が苦しくなった。

 

なんて俺はクズなんだろう........と思いながら、最初からやり直した。 

 

以来、ずっとなでなでしかしてません。というかできません。再挑戦するも恥ずかしさなのかなんなのか即ブラウザバックしてしまう始末。

 

この胸のモヤモヤ感の正体っていったいなんなんです?

 

ただ、高校時代に出会わなくてよかったなとは思う。

とりとめのないそんな話。

 

 

また次の記事でお会いしましょう。