読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべんだらりん。

ただ僕は語りたい。自分の正体がわかるならそれでいい。

エヴァの漫画版とアニメ版どっちがみんな好き?エヴァssとか色々触れてみる。

スポンサーリンク

きりんです。

 

エヴァが好きすぎる。ってことでアレコレ書いてみまっす。 エヴァは出来ればアニメと旧劇と漫画は全部見て欲しい。

 

 

 

 

 

エヴァンゲリオンって?

 

庵野秀明監督のSFアニメが原作。突如現れた謎の生命体「使徒」を迎撃するために、14歳の少年少女たちが戦うストーリー。

 

 

まぁみんな知ってるだろうね。有名だし。この監督は最近「シンゴジラ」で有名だね。

 

エヴァのアニメをもとに、貞本義之さんが漫画を執筆したんだ。アニメと漫画じゃ少しストーリー展開が異なるよ。

 

 

見どころ

 

あらすじを書くと、だいたい「使徒」「14歳少年少女」「戦い」ってなる。

だけど、見どころは「戦い」じゃない。

 

「人物描写が余りに完成度が高くて気持ちが悪い」って所だと思う。

 

 

アニメが特にそれ。ほんと気持ち悪い。登場人物の感情描写のリアルさ・生々しさが物凄く細かい。

 

 

良く言えば「リアル」、控えめに「アニメでやることじゃない」とでも言い表そうか。

 

ちょっと適当に見どころを羅列

 

・シンジの父親への感情・期待・あきらめ

・ミサトのふるまい・冷たさ・不器用さ

・アスカの嫉妬・恐怖・トラウマ

・レイの謎・表情・心の動き

 

キリがないね。いくらでも出てくる。僕の場合は現実世界と同じモノの見かたをしてしまう。心の動きが本物。それも登場人物全てに言える。負の感情ばっかだけど。笑

 

陰鬱な雰囲気を楽しむアニメじゃないかな。

 

 

 

 

 

気持ち悪い...

 

一番気持ち悪いのは、エヴァのアニメ見て、ネットで考察をこれでもかというほど書き込んでる人たちの凄まじい考察力。

 

一回検索して探してみるといいよ

「エヴァ 考察」って。

 

本気で考えさせられる考察もあるから、馬鹿にしちゃいけない。僕は色々影響受けてる部分はあると思う。

 

 

アニメは一度は必ず見るべきコンテンツ。視聴した後は「面白い」「面白くない」に 関わらず、何かしらの爪痕を心に残すね。

 

 

純粋にストーリーを楽しむなら漫画版エヴァ。話がまとまってて非常に分かりやすい。

 

 

 あとシンジ君がアニメより中学生らしい。こっちのが面白いかもしれない。僕は漫画のエヴァが一番好き。単純で分かりやすいから好きなんだと思う。アニメは分かりにくい。あれはあれで好きだけども。

 

ちなみに漫画のエヴァは18年かかってようやく完結。完結まで全14巻。なっげーなオイ。

 

 

 あとアニメエヴァと漫画エヴァはオチが全然異なるからね。

 

 

あ、先にアニメ全部見て漫画読んだから、僕は漫画版が好きになったのかな?アニメの陰鬱テンションが辛かったのかもしれない。 それでもアニメは視聴して欲しい。

 

 

あと貞本さんのイラストが素敵。僕がイラスト書くとだいたいエヴァの登場人物のパーツをつぎはぎしたキャラクターになる。画集を買おうか、高校時代本気で悩んだ。つーか、思い出したらまた欲しくなったじゃねーか!

 

 

 

 

 とまあ貞本さんのイラストが好きなんですはい。

 

サマーウォーズのキャラデザインも貞本さんだし、おおかみこどもの雨と雪のキャラデザインも貞本さん。フリクリって知ってる?そのうち紹介するかも。

 

 

 なんの話だっけ?

 

 これは絶対に見て欲しい

 

 

 これを見ましょう。ハッピーエンドです()

 

 

エヴァの登場人物の違いとかアレコレ


碇シンジ

f:id:yukilingo:20170128004833j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン①)

 

 


父親に捨てられて、「僕かわいそうでしょ(´Д⊂グスン」アピールの激しい中学生。って言われるのがアニメ版シンジ君。とりあえず事あるごとに傷つき、ただひたすらにナイーブ。シンジ君嫌いはたぶんアニメ版エヴァのせいであることは間違いない。

「あ?そこはつべこべ言ってねえでとっととやれや」ってツッコミを入れたくなることがしばしば。

アニメシンジ君は卑屈。卑屈すぎると思う。それが嫌いな視聴者もいるらしい。俺もあんまり好きじゃない。


それに対して漫画版。


え、普通....


ってな印象。ふつうですやん。あれ?アニメの陰鬱さはどこ行った?

とりあえず性格がアニメ版シンジ君と漫画版シンジ君では大幅に違う。てか別人。普通の中学生っぽさがあってこっちのが俺は好き。

エントリープラグに乗ったときにまずビックリ。ノリノリですやん。

人格が完成されている。まっとうな中学生という印象を受ける。

アニメ版シンジ君のように過去を引きずってる印象は非常に薄い。漫画を読んでいると安心感があるとでも言うのかな?精神的に自立出来てますよ漫画版シンジ君。僕ですか?未だに中学生気分ですけど何か?

おまけにさらっと素晴らしい戦績を残していくイヤミなスタイル。あどけない顔つきのクセに何というしたたかさ。そりゃあ中盤から後半にかけてアスカさんが僻むわけだよ。

漫画版シンジ君は少しSが入ってますね。私はLです。

悪態のつき方が攻撃的。言動もなかなか男らしい。少々生意気なかわいげのあるシンジ君が漫画版。

漫画版シンジ君は全然暗くない。普通ってところ。漫画版しか読んだことのない人は「えっ、暗っ!?」ってなるだろうけど、アニメを視聴した後なら「あれ?明るいぞ漫画のシンジ君」ってなるはず。

でも流石に新劇場版:破のシンジ君は、生き生きし過ぎだと思う。テンション高すぎだろ。めっちゃ主人公してますやん。てかそもそも誰だよお前。

まだまだいくらでも書けそうだけどここまで。

 


綾波レイ

f:id:yukilingo:20170128005257j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン⑭)


青髪の女の子。BUMPの藤君の大好きな女の子。余りに好きすぎて歌まで作った話は有名。

とりあえず透明感が半端ない。天使かよ。あ、僕にもビンタお願いしてもらってもいいですか?(ちなみに漫画ではビンタはしてない。)

一番の違いは性格だろうね。非常に人間っぽい。というより、アニメがやたら美化され過ぎというか、神秘化され過ぎ?

漫画の綾波さんの方がアニメよりも遥かに魅力的。とりあえずカワイイ。紅茶をごちそうするなんてマジか。シンジ君そこ代われ。

シンジ君にハッキリ恋愛感情を抱くのがいいね。シンジ君もまんざらでもなかったしそういうところもかなり好き。漫画の綾波さんはひたすらカワイイ。ただただカワイイ。

ちょっとずつシンジ君との距離が縮まっていく感じが素敵だった。でも大きな進展は全くないし、そもそも縮まっていくって言っていいのかな?あくまで僕がそう受け取っただけかも。

新劇場版の綾波さんと、漫画版の綾波さんはほぼ同一人物って印象を僕は持ってるけどみんなはどうなんだろ?

漫画版綾波さんは「ポカポカする」なんて口にするイメージは全くないね。

新劇場版綾波さんのような恋愛感情に偏った発言はしないだろうし、分かりやすい行動をとることもないだろうね。

新劇場版:破まではシンジ君と綾波さんが主人公とヒロインしてた。エヴァの気持ち悪さが消えてしまって、「これじゃない感」がどうしても僕は拭えない。アスカ?誰だっけ?


ちなみに僕は新劇場版の序は滅茶苦茶好き。正八面体の鏡面野郎がかっこ良すぎた。あれはズルい。ワクワクしない訳がない。見るたびに正八面体を応援してしまって、「初号機蒸発しろやぁあああああ」って思うのはきっと僕だけじゃない。


序は熱い。素晴らしい。


漫画版のラストも切なくていいね。ここは読んでほしい。イマイチ納得いかない読者も多いみたいだけど、アニメの意味不明な展開のラストよりサッパリしていてスッキリするよ。ただ切ない。是非読んで。


とりあえず綾波さん。ビンタお願いします。

 



葛城ミサト

 

f:id:yukilingo:20170128005410j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン⑫)


三十路手前ですでに行き遅れのオバげふっ....痛っ....お..お姉さん.....。ビール大好き。ペンギンの飼い主。

アニメのミサトさんの性格がいやらしすぎてあんまり笑えない。マジで。でもそこがアニメ版の面白さ。シンジ君に対してどういったふるまいをしていいのかわからず、ひどく悩める姿がアニメ版ミサトさんの魅力。


漫画版はきちんとシンジ君と向き合ってると思う。家事をほぼシンジ君に丸投げなのはとりあえず目をつぶろう。漫画版の彼女は結構大人。というかみんなが叩くほど子供っぽいとかいった印象は無い。


アニメ版の話ばかりしてしまい申し訳ないが、アニメ版はもう一人の主人公がミサトっていう事を意識しながら見ると面白いかもしれない。アニメミサトは明らかに未熟な部分が描写されてて面白い。シンジ君たち中学生チルドレンと同レベルの幼さ。チルドレンがもう一人いるって見方が正解かな?

あ、あなたのサービスはいいです。綾波さんからビンタもらうんで。

 

 

 

真希波・マリ・イラストリアス

 

f:id:yukilingo:20170128005502j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン⑭)


誰やねーん。これ以上キャラクター増やしてどうするの?でも戦闘シーンで惚れました。でも破の戦闘シーンって僕には既視感があるんだよなぁ....既視感ってか「あれ?あの作品でも見たぞこのカット?」ってな感じ。まぁそのうち話す。

アニメにはもちろん登場してない。新劇場版で初出演。あれ?何でエヴァ操縦できるの?エヴァに母親がどーのこーのって設定だったような...ここで解説するとややこしいので検索してみて下さいな。「真希波マリイラストリアス 正体」とかで調べるといいかも。日本中のエヴァヲタが考察してるから読んでみると面白いかも。


実は漫画版に彼女は登場していますヽ(゚Д゚;)ノマジカー!!

性格が明らかに違う。新劇場版のような好戦的なイメージは漫画版には無い。少ない描写じゃわからないところはかなりあるけどね。

新劇場版:破は、飄々としながらもきっちり戦ってるのはかっこよかった。Q?何周してもわからない。新キャラ作って「何だこのメガネっ子!?」ってな方法で、過去作のファンを集めようっていう魂胆が見えるから嫌いって友人が言ってたけど、そもそも真希波さんがいなかったら、ただの過去作リメイクになるから新キャラ登場はいいと思う。


真希波さんはフリクリのハルハラハルコの性格にそっくりな気がする。あの「にゃーにゃー」言ってる感じとか。

ちなみに僕のツイッターアカウントのIDっていうの?@に続く文字列は、彼女の名字から拝借させていただきました。

あの性格が好きすぎる。明るい感じがたまらない。

でもフリクリは誰も知らない。本当に知ってる人いない。僕は寂しいよ...

ベスパが欲しい。部屋に飾りたい。相当狭くなるけど。

 

渚カヲル

f:id:yukilingo:20170128005602j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン⑩)


公式ホモ。超絶イケメン。彼が本気を出したら色々とヤバイらしいけど、シンジ君にゾッコンなので問題なし。

漫画とアニメの性格が全然違う。アニメのカヲル君を期待すると漫画じゃ裏切られる。貞本さんが漫画で描いたカヲル君は、アニメには無かった人間らしさがにじみ出てる。

僕の好きなギタリストは彼の二つ名?由来。多分一番最初に書いた記事だと思う。それくらいファンが多い。アニメでも漫画でも相当魅力的なキャラ。


アニメのカヲル君が初登場したときは笑ってしまった。絵面がシュール過ぎた。なんでそんなところで鼻歌歌ってるの?ねぇねぇねぇねぇ。話が進んで、シンジ君との距離感にどことなく不信感。物凄く身の危険を感じる。アニメなのに「シンジ君うしろうしろ!」って心から思った。


カヲル君人気は半端じゃない。あのキャラクターが嫌いな人っていない気がする。男も女も。知名度すごいけど、アニメじゃたったの一話しか登場してないんだぜ...


カヲル君しゅごい。カヲル君主人公だったらエヴァはハッピーエンドになりそう。カヲル君で世界平和。カヲル君がエヴァの世界の女性陣を攻略するアニメになりそう。それ何てエロゲ?

ただしそれはアニメ版カヲル君にしか無理だろう。


漫画版カヲル君は無垢な子供ってな感じのキャラ。なんだろう....あどけない?シンジ君を振り回してる。調子乗りすぎてシンジ君に前歯折られそうになった。

「それでもやっぱり貞本エヴァはいいねぇ、リリンが生み出した文化の極みだよ」ってね。貞本エヴァのカヲル君はこんなこと言わない。

ただエヴァ10巻には謎のサービスがある。誰得だよ!是非読んでみそ。

漫画版カヲル君は感情が豊かだ。シンジ君に口の悪い発言もする。

髪型もアニメと漫画じゃ少々異なる。漫画のカヲル君の髪型ははねまくり。ぴょこぴょこしてる。対してアニメ版カヲル君は、少しだけ髪がおとなしい。物凄く上品。つやつやしてそう。

そんなところかな。

 


惣流・アスカ・ラングレー

f:id:yukilingo:20170128005821j:plain

(出典:新世紀エヴァンゲリオン④)


元祖ツンデレ。らしい。新劇場版で「惣流」が「式波」に変わった。性格も違うっぽい。今回はアニメと漫画の比較を続けます。アニメも漫画もどちらも「惣流」だからね。

あ、そうだ。あのセリフお願いします。ほらっ、馬鹿にする奴!

アニメと漫画で展開が異なるのは彼女のせいじゃないのって思う。エヴァは彼女無くして成立しない。アニメの鬱展開に関しては、シンジ君よりも、アスカの方が見ていて心苦しかった。

僕がエヴァのアニメの気持ち悪さが好きな理由の一つに、彼女の他人に対する嫌悪感を表現する描写がまさに人間そのものだって事がある。具体的に何が嫌なのかはわからない。でも嫌。だけどそんな自分が一番嫌だというの彼女の心に胸打たれたとでも言い表そうか。

共感を覚えたってのは流石に言い過ぎ。語弊がある。彼女の過去などを考えれば、あそこまで追いつめられることに納得したってところかな。この辺りはちょっと表現が難しい。ただ胸がキュゥって締め付けられる。

後半の彼女の立場になれば、精神がおかしくなるのは当然かなと思う。僕ならなる。様々な状況や状態を考慮すればするほど、彼女に逃げ道がないと思った。


・・・なんか文章が固い。うん。アニメ版をみるとこうなる。それと独自解釈が混じるな。ここら辺にしとこう。


漫画版はそこまで暗くない。貞本エヴァがどちらかというと、シンジ君と綾波の方に傾倒してるから、漫画展開に不必要な描写はしてないからだろう。かといってアスカが明るいわけじゃ無いからね。相変わらず豆腐メンタル。


アニメ版の続き?ってのかな。アニメ後半から旧劇場版に彼女の魅力が詰まってる。非常に悪趣味なのはわかってるけど、正直狂おしいほど素敵。美しい。ゾクゾク感がたまらないと言ったら分かりやすい。


そんなアニメ&旧劇場版をひっくり返したのが漫画版エヴァ。終わり方が綺麗。アニメに比べたらかなりスッキリ終わらしてくれた。


アニメと旧劇場版で展開を知ってたから、漫画の最後は何となく予想してたけど、やっぱり最終戦は熱かった。漫画版シンジ君カッコイイ。


アニメと漫画のアスカの大きな違いは、シンジ君をどう思ってるかではないでしょうか?アニメはシンジ君のことが好きだったんじゃないかな。だから愛憎混じりのドロッとした展開になったんだと思う。


漫画じゃシンジ君に対して恋愛感情をハッキリ持ってるとは言えない。そこの違いがストーリーに大きな違いをもたらしていると思う。



・・・このあたりで切ろう。

 

 

 

 

二次創作多すぎだろw

 

 

歴史が古すぎて笑う。

 

ループものとか多いんだよなぁ。いわゆる「逆行モノ」

 

救いのない本編を、ご都合主義で解釈された創作物が非常に多いコンテンツ。

 

創作小説とか、高校時代に相当読み漁った。でね?LRSとLASの二つに小説が分けられる。何の略かって?ググるんだ。

 

 

ちなみに私は綾波派です^q^

 

 

綾波派のあなたにこの創作物を読んでほしい。

NACBOX GARACTERS

「2nd RING」ってタイトル。多分一番完成度が高い。

 

高校二年の時のゴールデンウィークの頃に初めて読んだ。クッソ感動したわw

 

一年後、高校三年の時の夏休みに再び読破。

 

そして先週。二週間かけてまた読破。

 

いや、面白いけどなげぇよ!

 

でも内容は秀逸。半端なく面白い。ゆっくり時間のある時に読むことをオススメする。

 

 

 

他の作品が気になるなら調べるといいよ。ググればわんさか出てくる。

 

SSで特に面白いのをいくつか紹介。

 

シンジ「なにがQだよ!!」

新劇場版Qを見た視聴者の声がこのタイトルに集約されてる。

 

ゲンドウ「突然だが、ネルフは財政難だ」

平和すぎwwwww何だこのネルフwwwwゲンドウに萌えるSS

これ見ながらアニメ版エヴァ見たら笑いが止まらないww

 

シンジ「僕はエヴァに乗らなくていいんですかwww ミサトさんwwwwww」【Q】

こういうのが好きすぎるwwwwうぜぇこのシンジ君wwwwもうこっち本編で頼むわwwwww

 

 

シンジ「強くてニューゲーム」 - SS速報VIP VIPService

すこし話がシリアスより。

 

マリ「わんこ君に私が今から質問します」 - SS速報VIP VIPService

これの続編が中々いい感じで気持ち悪い。かなりの傑作だった記憶。

 

 

もっとドロッっとしたのが読みたいなら、2000~2007年ごろの小説を漁るといいかもしれない。内面に焦点を当てた小説が相当数ある。かなりハイクオリティなのもある。

 

こんなところかな。

 

漫画が一番ストーリーとしては好き。

最後の展開でアスカが救われたからだろうね。

 

でもアニメ→旧劇の流れは外せない。これは絶対に見るべき。

  

旧劇がまたみたいな・・・・・

 

以上。