読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべんだらりん。

ぼっち大学生と生活と

大学の友人がベンツ乗っててワロタwwwwwwwwwwwww

LIFE LIFE-大学

スポンサーリンク

ワロタ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

昨日。大学の帰り道。他学部に行った高校の友人に遭遇した。

 

「おっ久しぶりっ!!」

「おーおーおー、キリンやん、久しぶりぃ」

 

相変わらず元気そうだ。お互いの近況を報告しあいながら家路につく。

 

「あれ?家そっち?・・・・ん?家ここ?」

「うん。」

「え・・・キレイじゃね?」

 

冷たい風に煽られながら、彼が住んでいるマンションの輪郭を舐め回すよう視線を動かす。

 

 

どうも嫌な予感がする。

 

「上がる?」

「うん。」

 

ここで断っとくべきだった。

 

カチャカチャ

 

鍵の形がすでに僕の知ってる鍵の形をしてない。

緊張で体が熱くなってきた僕。「どうぞ~」とほほ笑む友人。

 

 

部屋の真ん中に観葉植物。

 

 

予想は当たった。

 

 

画面サイズの大きいタブレット。半端なく大きい空気洗浄機。よくわからないボタンがいっぱいついた電子レンジ。高級感満載の椅子、勉強机・・・その他モロモロ・・・

 

 

シュノーケルも見っけた。

 

 

「・・・・これ・・・・」

「あぁ俺シュノーケリングしよると。」

 

 

大学では、お金がやたらとかかるサークルで有名なシュノーケリングサークル。

 

「バイトは?」

「してないよ。」

 

・・・マジか・・・・・・。

知らなかった。友人がボンボンだったとは・・・・・・・。

 

悔しかったから

「バイトする予定は?」

「ん?無いよ~。」

 

 

参りました。

 

 

 

もしかしたらと思い、

「車の免許取った?」

「うん。車持ってるよ。」

 

先に聴きたい答えを言われちゃった。すかさず聞き返す。

 

「普通車?軽?」

「んーん、ベンツ。」

 

ワロタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「でもほら、一番グレードの低い奴だよ。」

 

 

 

 

 

 

 

ファーwwwwwww

 

 

 

 

 

 

服のオシャレ感から、感じるものはあった。

 

彼の雰囲気・佇まいから伝わってくるものもあった。

 

大学生になって一気に彼との距離が空いた気がする。別世界の人間。

 

大学生の貧富の差・・・・

 

俺なんかサークルも部活も入ってねぇよ。

 

 

 

だからってどうしようもないけどね。でも悔しいなぁ。

 

 

 

 

新車だってよ。新車。どうするよ俺。バイトで同じモノ買おうとしても何年かかる?僕が住んでいる地域周辺の賃金は安いから、頑張って月に6~7万になればかなりいい方。

 

 

目の前でそんなもの見せられちゃ・・・

 

 

やるせない。

 

 

 

どうしようか。

 

頭ハッピーセットの俺でも、なんかへこむ。

 

言葉にしてみたけど、まだ吐き出せてない感がある。

 

久しぶりにへこんだお話。

 

寝るか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度焼肉おごってもらおっ☆