読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべんだらりん。

ただ僕は語りたい。自分の正体がわかるならそれでいい。

2016年のまとめ、2017年の自分とブログ

スポンサーリンク

何か面白そうだから混ざることにする。

 

あんまり集団行動好きじゃないんだけどなー。

 

たまにはいいじゃないかということで。

 

 

f:id:yukilingo:20161222165104j:plain

www.chibogaku.com

 

 

じゃあ2016年とか猛省して、2017年の自分にプレッシャーを与えようか。

 

 

 

2016年を振り返る

受験

センター本番でチョコレートを食べ過ぎたせいで血便が止まらなくなったのが後悔。

 

その程度。

 

受験後悔は特にない。

牡蠣

人様の食べるものじゃない。畜生飯。3日程度、高熱と嘔吐と下痢で死ぬかと思った。てか死んだ。2度と口にしない。あれは食べ物でもない。下剤だ下剤。

 

「オロロ・・・ハァハァ・・・あっ、胃液って黄色いんだー・・・・・・・・オロロ(略」

 

ってね。

 

症状

牡蠣を食べて日をカウントして3日目の早朝にまずトイレに駆け込む。口からもんじゃ焼きを15分ほど量産した後、体温計で熱を計ると38度強。

 

もう一度布団に入り込み、夜明けまで意識を朦朧とさせながら親の起床を待つ。夜明けに熱を再度計ると40度。

 

 

病院に行く。そしたらなんとお医者さま。

 

 

お医者様「・・・・何だろうコレ・・・・」

僕「・・・・・・・・・・はぃ?・・・・・・うぇ・・」←このときまだ牡蠣が原因とハッキリわかってない。

 

 

帰宅後寝込む。数時間おきにトイレへ。このときに「牡蠣のせいじゃね?」と気づく。次の日が確か卒業式。フラフラしながら登校。何とか教室にたどり着くも教室でダウン。机で死んだ顔して寝ていると、

 

 

「きったねぇ顔してるだろ。ウソみたいだろ。〇んでるんだぜ。」

 

 

と教室に遊びにきた部活の友人に言われ、「こいつ絶対に鳥葬。」と思いながら無視して寝る。その後、あまりに体調が悪いので、

 

 

「お前後で鼻フック。上じゃなくて左右な」

 

 

と、吐瀉物・・・じゃなくて、訳の分からない捨て台詞をその友人に向かって吐きながら保健室へ。

 

 

保健室に着くとリラックスしたのか睡魔襲ってくる。保健室のベッドで爆睡。卒業式が始まるよ!ってクラスの友人がやってきて目が覚める。

 

友人に連れられながら体育館に向かっていると、その友人の口から

 

「卒業式に保健室ですか・・・お楽しみでしたね」ニヤニヤ

と言われたので、

「胃液まみれのディープキスをお見舞いしてやろう」と言うと、クラスの友人は引きつった顔をする。

 

体育館に到着。

 

やっぱり泣いてる奴もいた。下から出る水分量のが圧倒的に多いから僕の涙は枯渇してた。涙は出ない。泣きたい。いや泣けない。

 

「俺は別の意味で泣きたい。トイレ行きたい。寝たい。吐きたい(ノω・、) ウゥ・・・」

 

みたいに思ってた。

 

 

卒業式は無事終了。教室に戻り生徒一人一人が教室の前に出て一言喋るという教室イベント?が始まった。

 

みんなが感動的な発言をしている中、僕だけ。

 

「牡蠣は食べ物じゃありません。畜生飯ですよ畜生飯。」

 

と大きな声でクラスのみんなに伝えた。保護者の方の半笑いをかっさらった。よくやった俺。

 

 

もうね、牡蠣なんて二度と食べたくない。辛かった・・・・・

なんの話だっけ?

 

 

バイト

他の大学生よりも早い時期からアルバイトを始めたと思う。ところがそのせいでサークルや部活に入れなくなる。そこはまぁいい。

 

飲食のホールをしていたけど、そこの上級社員が「社畜」を育てようとしているのが分かって5か月ほど続けて止める。ちょうど仕事をあらかた覚えてマンネリ化してきたところだったし、「もっとシフト入れない?」とふざけたことを抜かしてきた(ほぼバイトに時間を割いていたにも関わらず)から辞める。事情は他にもあるけどそこは割愛。

 

飲食はブラックってのを身をもって体験できた。辞めて正解。色々とふざけた人間がいるのが良く分かった。

 

社会を何も知らない大学生は、自分の使いやすい奴隷を作りやすいとでも思ったのだろう。相手が悪かったな。

 

 

 

 

 

2016はこんなもんだ。大したことは何もない。

 

 

2017年12月31日の自分へ

f:id:yukilingo:20161222164223j:plain

 

一年後の俺、やりたいことここに書きなぐるから反省しな。

 

はてなProにする

金払ってブログ書いてる?ブログで収益出てる?ブログ楽しい?まさか更新してないとか?読んでくれる人を大事に。一番大切なこと。

 

 

金を稼ぐ

大学生のあらゆる問題はだいたい金で解決できる。

 

この一言に尽きる。どう?この一年お金で困ったことは無いかい?

 

本読む

読書がしたい。年間50冊。たったこれだけだよ?たぶんできるよ。

 

出来るだけ活字を読もうな。

 

英語

時間がないと言い訳して結局1年次は英語の勉強はしないと思う。でどう?2年次は暇かい?英語に時間を割いてる?

 

 

 

馬鹿してる?

全然大学生っぽくない1年次。こんなもんなのかなぁ。サークルとか入った方がいいの?でもお金無いよ・・・地味に忙しいし。

 

サークルには入りたいとはあんまり思わないけど、馬鹿なことをやってたらいいよ。とりあえず馬鹿なことをやっててほしい。

 

 

こんなところかな。

 

 

 

 

最後らへん

やりたいことがあってもだいたい「お金がない」ことが阻害してくる。

 

低俗な話になってしまうが、やはり一番最初に解決したい問題は、お金になってしまう。先立つもの全てが「お金」に収束してしまう。モノに依存した社会だから当然っちゃ当然。

 

時間もお金で買えることもこの年は学んだ。

 

 

 

正直他の大学生ブロガーが羨ましい。留学をしたり、新しいことを始めようとしたり、やりたいことを自由にやったりして大学生活を謳歌しているのは。

 

俺の何が原因でそういったことが出来ないのかだいたいわかってるけどね。

 

大学の俺の所属するクラスもそんな感じにあれやこれやに手を出している人はいないと思う。大学の雰囲気かね?それとも俺が知らないだけかもね。

 

でも自由度は間違いなく低い大学だ。限りなく。

 

 

 

ん~明日からの1年。

 

 

 

 

 

「出来るだけ派手に。」ってね。

 

 

 

 

追記:牡蠣の話を親にした。

 

 

俺が牡蠣のせいで部屋で寝込んでるとき、親にLINEで

「薬」

と言ってたらしい。しかし親がその通知に気が付いたのは半日後らしい。

 

母「思い出したwwwwwwそんなにきつかったんやねwwww」

 

 

と思い出し笑いしてた。

 

 

 

・・・・牡蠣に当たってしまえ。