読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべんだらりん。

ただ僕は語りたい。自分の正体がわかるならそれでいい。

歌詞がマジかっけえ。ハイセンス山田亮一。そのセンス分けてください・・・・

スポンサーリンク

おっすおっす。

 

 

 

レッチリまた聴き始めたよー。

 

 

レッチリっていうと、ジョン・フルシアンテの要塞エフェクターボードを思い出す。

 

 

 

最初見たときびっくり。

 

 

拡大↓

 

 意味不

 

 

 要塞エフェクターボード・・・・・・いや絶対にマルチエフェクターでいいでしょ。何に使うんだよそんなに。マルチ複数台つなげた方がはるかに安価で運搬も楽だろうに・・・。といつみても思う。

 

 ギターねぇ。どんな音出すんだろうな~こんなに機材使ったら。ジャキジャキ視点のかなぁ?

 

あ、書きたいこと思い出した。レッチリ関係ないお話をする。

 

 

山田亮一

 

コレ聴いてください。

 


ハヌマーン「Fever Believer Feedback」

はい。あなた惚れましたね?

 

いつこの曲と出会ったんだろう・・・高2の夏だったかな。

 

喧噪に埋もれ、嘘っぽい口調で「ガキだな、俺」と言葉を吐く学生・・・・・ダメだ。真似しても全然かっこよく決まらない。つーか何言ってんだろう。中途半端にポエム書いて、訳の分からん世界観を作り出す?は?それどころか黒歴史を自分で掘り返すという始末。大ダメージ。

 

パチンコに少し興味をもってしまったきっかけの歌。

 

 

 この曲で山田亮一に惚れました。ホモじゃないです。

 

夏の嫌いな高校生だった僕は、聞きなれない言葉が散りばめられた歌詞に完全に飲み込まれる。さらに、周りの友人が知らないようなバンド知ってるんだぜという、ガキ臭い優越感でハヌマーン好きに拍車がかかる。

 

 

 

 

これもめちゃくちゃ聴いた。

 

 

「ヘッドホンをして、一秒ごとに変わる表情」

 

 

このワンフレーズ聴いただけでこの曲の世界観にべた惚れ。

 

 

いろんなサイトで「number girl ! 」って言われてて、そっから僕の興味も大きく広がった好きなバンド。

 

 

問題は、CDが売ってない。

 

 

それともう解散しちゃってるんだ・・・

 

 

だけど山田亮一はまだバンドやってる。

 

 

バズマザーズってバンド。

 

 

いや~。いいよ。やっぱりこの人が書く歌詞はかっこよすぎる。この人が書く歌詞は、斜に構える若者ってイメージがする。

 

見たもの、気に食わないものを皮肉ってる感じ。見たものすべてに悪態をつく若者。

 

 

f:id:yukilingo:20161206094600j:plain

 

 

 Disc Harassment

 

キャバレー・クラブ・ギミック これが一番の名曲。

 

 

 

 

f:id:yukilingo:20161206094603j:plain

 

 

 

このバンドの歌詞ほど心にくるのは中々ない。

 

 

「したたかに酩酊」

 

「あどけない八重歯」

 

こういうワンフレーズがそそる。

 

 

「破廉恥に街は暮れる」

 

 

うっわ。中二病を発症しそうだ。

 

 

最高ですよ。はい。

 

 

 

オススメ。

 

これが新しいアルバムかな?欲しいなぁ。